HOMETOPIAホームページへようこそ

こんにちは。
野島建設株式会社並びにホームトピア代表取締役の野島比呂司です。

数ある工務店の中から、当社のホームページを ご覧いただきまして本当にありがとうございます。

この度有限会社ホームトピアは、野島建設株式会社に業務を引き継ぎ、お客様へのサービスを継続することとなりました。
どのような会社の形態になりまして、よりよいものをお値打ちに提供できるよう努力をしていきます。
今後とも野島建設株式会社並びに有限会社ホームトピアをよろしくお願いします。

スタッフブログ 上棟に関するQ&A

こんにちは。

いつの間にか二月になっていたと感じている野島です。

一日一日を大事に生きていかなくてはと思った今日この頃です。

 

先日雪が降ったのですが、その日に上棟をしていました。

しかしその前後しか雪が降らず、日時を決めた自分の嫌がらせ?と思われても仕方ない日時になり、申し訳ないと思いました。

今日は上棟についてよく聞かれることをまとめてみました。

 

・上棟にまつわるQ&A

Q.上棟が中止される事はあるのでしょうか?

A.基本的には中止される事はありません。

  最も多く聞かれる事なのですが、雨の日に中止をすることはありません。 逆に風の強い日は中止をすることがあります。

  これは材料の運搬時に問題が起きやすく、安全に作業をすることが難しいためです。

   

Q.上棟の日には何かしなくてはいけないのですか?

A.上棟の日には10時と3時に休憩をしますので、もしお願いできるのであればお茶などを頂けると助かります。

  またお昼のご飯を頂けるとなお助かります。

 

Q.昼食には何が喜ばれるのでしょうか?

A.いただけるだけでも嬉しいので、基本的には何でもかまいません。

  春や秋ごろなら「お弁当」、それ以外でしたら「近くの飲食店」にしていただけると喜ばれます。

 

Q.上棟の日にはお土産など準備が必要なのでしょうか?

A.基本的には無くても構いませんが、頂けるのであれば嬉しいです。

 

Q.大工の棟梁には御祝儀などを渡すのでしょうか?

A.基本的には無くても構いませんが、頂けるのであれば嬉しいです。

  頂ける場合は2で割り切れない数字の額にしていただけたらと思います。(例3万円)

 

Q.封筒には何を書けばいいですか?

A.「志」「祝」などが好ましいです。

   ご祝儀ののし袋でも白封筒でも大丈夫です。

 

Q.上棟式の時間はどれくらいですか?

A.15分が目安になります。

  

Q.上棟式当日は神主様もこられるのでしょうか?

A.基本的に神主様は来られません。

   大工の棟梁に式を進行していただきます。

 

Q.上棟式当日はずっと現場にいなくてはいけないのでしょうか?

A.現場にずっといていただく必要はありません。

   休憩時間のみ現場に来られる方がほとんどです。

   お時間が取れるようなら、一日中見ているのも良い思い出になるかもしれません

 

Q.お酒ののし紙は何と書けばいいですか?

A.「御神酒」「志」などが多いようです

   お酒屋さんで「上棟式用」と言えば、準備をしていただけます。

 

Q.上棟式の服装はどのようなものですか?

A.基本的にはどのような服装でもかまいません。

   天気を見て暑いときは軽装に、寒い時は厚着をすると良いでしょう。

 

Q.上棟式には家族以外も出席して大丈夫ですか?

A.どなたが出席されてもかまいません。

   御親族の方が来られることも多くあります。

 

Q.上棟式は天気が雨でも開催するのでしょうか?

A.基本的に当日は雨が家の中に入らないようにして上棟式をとりおこないます。

   

まだまだ質問される事があると思いますが、よく聞かれる内容についてまとめてみました。

少しでも何かの参考にしていただけたら幸いです。

 

総天然木の家づくり ホームトピア代表 野島比呂司

 

スタッフブログ デザインはメッセージ

こんにちは。

富山はやっぱり雪国だったと思う今日この頃です。

と言っても生活がストップしないのもすごいと思っています。

 

先日服を買いに行った話をさせていただいたのですが、今回はその続編をお話ししたいと思います。

服に求められていることとはなんだと思いますか。

冬でいえば防寒などが第一に求められることだと思います。

しかしその上でデザインを気にする方も多いのではないでしょうか。

 

・デザインはメッセージ

今まで私が服を買いに行ったときに、「動きやすさ」や「汗シミが見える」等に注意をしていました。その上で好きなデザインを選ぶ感じでした。

そのような流れの場合、「自分をどう見せたいか」という部分が欠落しやすいと思いました。

ズボン(パンツ?)を今回購入したのですが、ストレッチ素材の服を買いました。

その理由として「太い体がスッキリして見える」上に「動きやすい」ことがありました。

これは今までの自分の服の買い方では、絶対に購入することの無い服でした。

 

服を通じて自分という人間をどう見せたいのか。これを学んだ一日だったのですが、家の場合も同じことがあると思います。

どうして「このデザインを通じて、●●を感じてほしい」とメッセージが家の場合多く見受けられます。

・モダンに見せたい

・落ち着きを感じてほしい

・アクティブに過ごしたい

お客様それぞれの感性を生かした家づくり、それを実現できるよう、ヒアリングだけでなくイメージを現実に出来るご提案がもっと求められる時代ではないかと思いました。

 

総天然木の家づくり ホームトピア代表 野島比呂司

 

スタッフブログ 目的はなんですか?

こんにちは。

先日銭湯でスマホを使っていたら、「逮捕された人がいるからやめた方がいい」と言われた野島です。

話を詳しく聞くと、スマホにカメラがついていることで、盗撮をした人がいるようです。

時代だな〜、と思いながら、すぐにスマホをしまいました。

 

あまりにも冬用の私服やスーツがないことを最近気づき、購入しようと思いました。

そこで試着ができるお店を探し、わざわざ買いに行きました。

結構多くの服が並んでいたので、結構楽しく服を選んでいました。

 

・目的はなんですか?

服を見ている分には良かったのですが、店員さんから「どのようなシーンで使う服をお探しですか?」と聞かれたときに、「???????」となってしまいました。

恥ずかしい話ですが、質問された時に初めて「どのような用途で着る服か」を考え始めたので、完全に思考が停止しました。

結局様々な話をすることで、自分の考えがある程度ですが明確になり何とか購入にまでいたりました。

 

お店を出てから、「目的って大事」と思いましたが、これは私がいつも仕事でしていることと何も変わらないと思いました。

・家が欲しい→なぜ欲しいのか

・土地は●●地区がいい→なぜ●●地区なのか

・子供部屋は明るく→なぜ明るい部屋なのか

目的が明確になればなるほど、提案も精度が高まりますし、無駄なものを取り付けることもなくなります。

目的は非常に大事なことだと身をもって実感をした一日でした。

 

総天然木の家づくり ホームトピア社長 野島比呂司

 

PS 自分が服を買いに行った感じは、完成見学会などに来ていただいたお客様が「家を欲しいが何をしていいのかわからない」ということと同じ意味なんだろうと思いました。

なるべく不安にならないよう、接客をさせていただこうとも思いました。

 

とやま家づくりの本2017年度版に掲載されました。

こんにちは。

例年気象庁の発表と実際の天気が異なっていると思う野島です。

どうして様々な要因を考慮して当たらないのか、気になっています。

 

本日はとやま家づくりの本2017年版に当社の住宅が掲載されたことのご案内です。

2016年1月に完成見学会もした家なのですが、時間がたちすぎて実際にご来場いただいた方も「こんな家だったっけ?」と思われるかもしれません。

写真や見どころ等を掲載すると本書の楽しみが半減すると思いますので、内容はぜひ本書をご覧になっていただけたらと思います。

 

それと2016年の更新はこれが最後になります。

2017年は3月に完成見学会を予定していますが、それ以外はまだ流動的ではあります。

2016年もこちらのホームページにお付き合いを頂きまして、ありがとうございます。

来年もお時間がございましたら、こちらのホームページをご覧頂けたら幸いです。

 

総天然木の家づくり ホームトピア社長 野島比呂司

 

スタッフブログ 天窓(トップライト)

こんにちは。

ついに雪が降るほど寒い季節になってきました。

タイヤ交換をしていない車が立ち往生していて、車のナンバーを見たら「八戸」でした…。

 

私の上には今天窓(トップライト)が取り付けられています。

普段は非常に明るくていいのですが、今日は雪が積もり暗い室内になってしまっています。

いかに天窓が明り取りとして、有効かよくわかります。

 

・天窓に関する質問

天窓を取り付けている家は、太陽光発電を載せる家が増えているので、年々減っているのではないかと思っています。

しかし取り付けると先ほどの話のように、非常に良い明るさを提供してくれます。

利点等について少しお話が出来ればと思います。

 

天窓の良いところは、非常に明るいことです。

壁についている窓の面積の三倍明るいと言われています。

また開閉するタイプは熱を逃がすのに効果的と言われます。

室内を冷やす場合にエアコンを使用しますが、基本的に涼しい空気はエアコンより上に行くことが無く、熱がこもりやすくなります。

その時に天窓を開けて、熱を外に放出すると快適な室内になります。

 

デメリットではないですが、よくいただく質問として、結露(断熱)と暗くしたい時、雨漏りの話があります。

結露は当社の場合、展示場等で見ている限り確認は出来ていません。ただどうしても天井の断熱性能と比較して、窓の方が断熱性能が低くなるのは間違いないと思います。

また暗くしたい時は、ロールスクリーンのようなものが取り付けられていることがありますが、それでも明るいです。

真っ暗な空間がほしい方には、お勧めできないですね。

一番話が上がるのは、雨漏りです。確かに以前の天窓の素材は経年変化で雨漏りしやすい部材が使われていました。

現在ではその部分の改善はなされていますが、やはり天窓を取り付けない天井と比較した場合よりは雨漏りしやすいかと思います。

ちなみに当社の施工した家では、いまだに天窓による雨漏り等はありません。施工さえしっかりしていれば、あまり心配する必要はないかと思っています。

 

今回は天窓について少しお話をさせていただきました。

少しでも何かの参考になりましたら、幸いです。

 

総天然木の家づくり ホームトピア社長 野島比呂司

 

 

ホームトピア
ホームへ
ホームトピアの特徴
完成住宅写真集
お客様の声
家づくりの流れ
社長挨拶・スタッフ紹介
常設展示場・完成見学会
会社概要
資料請求
スタッフブログ
採用情報

QRコード

qrcode
携帯の方は
こちらからどうぞ。

ATOMRSS