HOMETOPIAホームページへようこそ

こんにちは。
野島建設株式会社並びにホームトピア代表取締役の野島比呂司です。

数ある工務店の中から、当社のホームページを ご覧いただきまして本当にありがとうございます。

この度有限会社ホームトピアは、野島建設株式会社に業務を引き継ぎ、お客様へのサービスを継続することとなりました。
どのような会社の形態になりまして、よりよいものをお値打ちに提供できるよう努力をしていきます。
今後とも野島建設株式会社並びに有限会社ホームトピアをよろしくお願いします。

秘訣 その3 お客様が希望する家が最高の家なのか?

富山 注文住宅 希望の家



お客様が住宅営業マンに変身?
富山 注文住宅
お客様の希望する家が、お客様にとって最高の家である事は間違いありません。当社も欠陥住宅のお手伝いでなければ、お客様の希望に合わせていきたいと思っております。しかし家づくりには、「お客様の希望はかなえられるが、価格がアップしてしまう」ことの話し合いが必要な場合があります。

例えば地震に強い家の指標である、「耐震等級2」というものを参考にしてみます。

耐震等級2
 耐震等級とは?  地震に強い家の指標。数字が大きいほど地震に強い。
 耐震等級1でも数百年に一度の大地震で倒壊しない強度。
 耐震等級2のメリット  耐震等級1よりも1.25倍、地震に強い。
 耐震等級2のデメリット  窓などの大きさに制限を受けやすい。
 必要部材が増えるため、住宅本体価格がアップ。


誰でも地震に強い家は欲しいと思います。しかし家の価格が上がったり、窓の制限があったりしてまで欲しいものなのかは、お客様次第です。
そして当社が大事にしていることは、「メリットもデメリットも分かる情報提供をすること」だと思います。そのことを聞いた上でご家族と相談をしていただくことで、さらに良い家づくりになると思います。


その3_間取りか予算かそして当社の考える良い家づくりには、もう一つ条件があります。

それは「優先順位を決めた家づくり」です。
優先順位の必要性は、旅行の計画に例えると分かりやすいと思います。例えば魚津から家族旅行へ行くとして、「日帰りで、知床とスカイツリーと桂浜と首里城を見て、祇園で食事をしたい。それを全部含めて一万円にしたい。」このような旅行の実現は可能でしょうか。考えるまでもなく、不可能です。観光したい場所を減らすか、予算を増やすか、日程に余裕を持つかする必要があるでしょう。

しかし多くのお客様が例に挙げた旅行のような状態で、家づくりに入ってこられるのです。確かに旅行とは違い、良く分からないことは多いと思います。天然木の家を建てると高いのだろうか。工事はどのくらいの期間で完了するのか。住宅ローンとはどんなものなのか。考え出すときりがありません。そこで当社では、少しでも分かりやすく家づくりに入っていただくために、三つのお約束を致します。

1.図面の作成前にお客様の家づくりの希望を全部お聞きします
2.「予算の範囲内で希望を多く盛り込んだ間取りの図面」と「予算は無視した希望の間取りの図面」の2パターンの図面を作成します
3.図面を書いた理由の解説をつけてお渡しします

以上のお約束をさせていただいております。このようなことをしている理由は、何か指標があると家づくりが考えやすいと思ったからです。たたき台を一度作ってから、折り合いのつけられる場所や、予算が多少オーバーしても、新居に盛り込みたい場所を打ち合わせていきます。


その3_優先順位そして当社が大事にしているもう一つの事があります。

それは図面の作成前にお客様の希望を全部お聞きしている時に、その理由を確認させていただくということです。
「広いリビングが欲しい」と言うよりも、「家族4人がゆっくりテレビを見られるリビング」では全く意味が異なりますし、当社からできる提案も違います。逆に欲しい理由があいまいな場合も存在します。「なぜこの場所が必要なのか」をしっかりと把握することで、自然と新居に取り入れたいものの優先順位も定まってくるからです。

当社でプランを作成する場合は、このような理由でヒアリングに時間をかけています。家づくりの想いをしっかりとお聞きすることが、お客様の良い家づくりに重要な時間だと思っています。

当社では図面の作成・現場確認・お見積りまで無料でおこなっています。(家づくりの流れ参照)もちろん図面作成を依頼したからと言って、しつこい売り込みは致しません。ご安心ください。
また当社の見積は、家づくりに必要な予算の全部を含めております。詳しくは「秘訣 その4 全部コミコミ納得価格」に記載しています。そちらもご興味がありましたら、ご覧になってください。

プラン依頼をご希望される方はコチラ↓↓
富山 注文住宅 無料プラン


ホームトピアの秘訣を続けて読みたい方はコチラ↓↓
富山 注文住宅 全部コミコミ

秘訣 その2 “売り込み無し”新しいタイプの完成見学会

富山 注文住宅 完成見学会 



パン屋さんのように気楽に入れる完成見学会

富山 注文住宅

その2_パン屋 おいしそうなパン屋さんがあったら、皆さんどうするでしょうか。お腹がすいていなくても、とりあえず入店してみるのではないでしょうか。
しかし住宅の展示会の場合は、このようなものではありません。家が建てたいと考えている方でさえ、なかなか入店はしません。その理由は、

1.お客様にとって必要でない説明を、営業マンがしてくる
2.ゆっくりと家の雰囲気を楽しみたいのに営業マンがずっと横で話しかけてくる
3.アンケートを書いたら、営業マンが何回も足を運んできそう

以上が、完成見学会に行きたくない理由の主なものです。

そこで当社の完成見学会は、三つの約束事を作りました。

1.お客様にとって必要のない説明はいたしません

2.お客様の側にずっと立つことはいたしません

3.情報を必要としていないお客様の家に突然訪問することはいたしません


以上のような約束ごとを決めました。


その2_営業 しかし疑い深い人がいて、「ホームページでは何でも好きなことがいえる」と思われるかもしれません。実はこの三つの約束を決めた理由がもう一つあります。それは人件費を少しでも減らすために営業マンがいないからです。平日は工事や設計をやっているかたわら、土日などは営業活動をしているのです。結局は時間がないことが大きな障害になり、約束を破りたくても不可能なのです。

その2_ファイル それともう一つ大事なことがあります。当社の展示会は、説明する人はいませんが、多くの情報を提供しています。それは多くのファイルと看板です。このファイルは、当社の家づくりの流れや価格、業者さんの案内もしてあります。 これを見るだけで、家づくりに必要な多くの知識が自習できるようになっています。

本当にいい家は、見ないことには分からないと思います。木の香り、床の心地よさ、大空間の開放感。絶対に写真を見て満足をしないでください。
しつこい売り込みは一切いたしませんので、一度足を運んでいただければ幸いです。

完成見学会情報をご覧になりたい方はコチラ↓↓
富山 注文住宅 完成見学会


ホームトピアの秘訣を続けて読みたい方はコチラ↓↓
富山 注文住宅 希望の家

秘訣その1 木をふんだんに使う家づくり

富山 注文住宅 木をふんだんに使う


当社は、本物の住宅を届けたいという想いから作った会社です。自然の息吹が感じられる空間こそが、日本の家だと思います。

富山 注文住宅

家は安らぎの場でなければいけないと思います。

「コンクリートの中に囲まれていることで、安心する」と言う人を私は、聞いたことがありません。やはり人は、生まれた環境に近いものを求めていると思います。
富山 注文住宅 木をふんだんに使う
そこで当社は、安らぎの空間である家に、

ふんだんに木を使うことを

心がけています。

たとえば、床材は30ミリの赤松の無垢材を標準仕様にしています。表面上は分からなくても、「歩いた時の気持ちよさ」「木の香り」そのすべてが人工物では感じられない感覚です。また柱などの構造材は、すべてムク材でシン壁工法です。非常に手間がかかりますが、木の美しさは十分に感じることができます。

木の家がいいことは誰もがご理解していています。
しかし、最近の家に求められていることは、多くなりました。

・ 見た目が美しい家

・ 家事(掃除・洗濯)が楽な家

・ 冷暖房費が安い家

・ 地震に強い家

・ お値打ちな家

無垢材 注文住宅 リフォーム
 これらすべてを兼ね備えてなければ、どんなに木を使っている家でもその魅力は半減します。
 しかし建築業界の常識にとらわれていては、このことは実現が不可能です。その不可能を可能にするため欠かせないのが、”特徴2”から”特徴5”までの内容です。
 どのページからでも読むことができます。気になりましたページから、御覧になっていただきたいと思います。
 
 またホームページには記載していない情報も、完成見学会には準備をしています。しつこい売り込みなどは致しませんので、足を運んでいただけたらと思います。

完成見学会情報をご覧になりたい方はコチラ↓↓
富山 注文住宅 完成見学会


ホームトピアの秘訣を続けて読みたい方はコチラ↓↓
富山 注文住宅 完成見学会

ホームトピア
ホームへ
ホームトピアの特徴
完成住宅写真集
お客様の声
家づくりの流れ
社長挨拶・スタッフ紹介
常設展示場・完成見学会
会社概要
資料請求
スタッフブログ
採用情報

QRコード

qrcode
携帯の方は
こちらからどうぞ。

ATOMRSS